箏を始めて楽しもう

箏ってどんなもの?

箏(琴)の歴史は古く、西暦700年代に日本に雅楽と共に入ってきたと言われています。
起源は中国の楽器ですが、日本に入ってきてから約1,300年もの月日をかけ、日本の風土と共に形成し、今では日本の伝統楽器として位置づけられております。
琴というのは昔から、お姫様や高貴な人が嗜むもの― という偏見がありますが、今は子供から大人まで、どんな人でも楽しめる楽器です。フォークやポップス、或いはヘビメタの人達が、ギターを伴奏楽器として駆使しているのと全く同じです。

さらに、日本の教育課程の中にあっても、小中学校の授業で実技として取り入れられ、高校のクラブ活動にあっては、琴やほかの和楽器を使ったアンサンブルによる全国大会が一年に一度開催されているんですよ。

「筝」と「琴」の違うの?

「筝」と「琴」は、本来違う楽器なのです。知ってましたか?
箏(そう)は、日本の伝統楽器。弦楽器のツィター属に分類されます。一般に「こと」と呼ばれ、「琴」の字を当てられますが、正しくは「箏」で、「琴(きん)」とは本来別の楽器になります。 最大の違いは、箏では柱(じ)と呼ばれる可動式の支柱で弦の音程を調節するのに対し、琴(きん)では柱が無いんです。

琴の楽しみ方

箏は上達する前に、いろいろな楽しみ方があります。
まず一人で自分の好きな曲、メロディーを自分の赴くまま奏でること。或いは、2~3人、大勢の人たちと、アンサンブルを楽しむこと。 他の楽器、例えば尺八、三味線、太鼓などの和楽器とのコラボレーション。最近はヴァイオリン、リコーダー、フルート、ピアノ、管楽器などの洋楽器とのコラボレーションも大変多くなってきました。 いわゆる声楽を含めたどんな楽器とも、デュオ、アンサンブルを楽しむことが出来ます。

箏に触ってみよう

無料体験していただけます!

ぜひ箏に実際に触れてみてください!弊店ではいつでも無料で体験していただけます。
また、各学校や地域のサークル活動等での無料体験・貸し出しも実施しております。

特に「お箏を楽しむ会」では、体験・鑑賞等ご要望にお応えできるよう活動しております。

お琴を楽しむ会

ああああああ

レンタル品

レンタルも行っておりますので、本格的なことを買う前に、まずレンタル品でお試しいただくことも可能です。
※運搬が必要な場合は、別途3,000円(往復)かかります。(諏訪地域)

学校 短期 1日体験等 1,000円/一面につき
長期 小・中・高校 3,000円/一面につき
個人 短期 1週間以内 3,000円/一面につき
長期 1週間以上 1日500円×日数/一面につき
クリ甲および十七弦 5,000円/一面につき
◆立奏台 一台500円
◆譜面台 一台300円
◆琴台 一台300円

 

演奏会情報

各地区・各教室では、発表会・演奏会などたくさんの発表の機会があります。
観客の前でご自分の成果を発表してみてはどうでしょう? また、他の方の演奏を聞いてみることも大変勉強になると思います。

弊店の演奏会情報も随時更新していますので、ぜひチェックしてください。 

■コンサート・イベント情報はこちらから→